車を担保にお金を借りるのは可能?キャッシングどうしてもしたい

車を担保にお金を借りるのは可能?キャッシングどうしてもしたい

 

車を担保にお金を借りることができたら、車を持っていてお金を借りたい人にとってはありがたいでしょう。

 

そんなローンがあればいいと思う人に嬉しいのが、自動車を担保にしてお金を借りるローンです。

 

これは大きく分けて2種類があります。

 

ひとつは知名度がとても高い自動車ローン、もうひとつはあまり耳慣れない車担保ローンというものです。

 

自動車ローンというと意外かもしれませんが、

 

実は自動車ローンはローンを完済するまではいつでも担保として銀行などが持っていく可能性があるのです。

 

これは名義などの件で知っている人は知っている事でしょう。購入する車を担保にしてローンを組むことができるのです。

 

この自動車ローンは基本的に車に関する用途、特に新車や中古車など、

 

新しく車を購入するために必要な資金を借りるということですから、基本的にそこまで難しいことはありません。

 

また、車のためのアクセサリーを購入する、駐車場の整備や運転免許取得などのために借りられることもあります。

 

ただ、それ以外の用途となると、利用するのは難しいでしょう。

 

用途は制限されているものの、使っている人も多いため気軽に利用しやすく、ローンの金利もそこまで高くないのが嬉しいところです。

 

また、完済するまで無理に借りることも少なくなり、非常に使いやすいローンと言えるでしょう。

 

一方、車を担保にお金を借り、用途が自由というのが車担保ローンです。

 

様々な名称があり、中には車金融やカーなんとかローンというような名称になることが多いのですが、大体は似たような制度を持っています。

 

制度はそれぞれの業者ごとに違います。

 

まず、お金を借りたい人はその業者の元へ行きます。業者は車を買い取り、名義変更をして車の名義を業者のものにします。

 

次にその買取金額をまずはお金を借りたい人に支払い、お金を借りたい人はその金額を受け取ります。最後に、そこでローンを組みます。

 

これは業者とお金を借りたい利用者の間で行われ、利用者はそのローンを返済していく形で返済を行っていくのです。

 

業者によっては、車を買い取ってその買取代金を支払い、

 

その後に車をリース契約にし、毎月のリース契約料として利用者が代金を支払っていくというやり方もあります。

 

どちらも車に乗りながらお金を借りることができます。担保になるのは車そのものですから、あまり大きな負担にもなりません。

 

また、上の2つのやり方なら車を手放すこともなく、乗り続けることが可能です。

 

中には車を預かる業者もあります。

 

このメリットは、何よりも手軽にお金を借りられること、

 

どこからもお金が借りられないような人でも借りられる可能性があることなどが大きなポイントでしょう。

 

車はすでに手元にあるので、担保にしても構いません。

 

もし返済ができなくなったら担保として車を持って行かれますが、車を手放さず返済をしていく方法もあります。

 

また、どこからもお金が借りられなくても、この方法なら車を担保にしてお金を借りることができます。業者も損をしませんよね。

 

ただしデメリットもあり、このような業者は他の様々な貸金業者と比べて金利や手数料などの支払いが高いことがあります。

 

車金融に関しては利息制限法の範囲外であることも多く、高い利息や手数料をとっても法律に触れることはないのです。

 

また、滞納したら車を持っていかれるというのもデメリットでしょう。滞納した場合、とにかく車が担保になっているので手放さなくてはなりません。

 

法律上もクリアしているのですから、向こうのほうが立場が上なのです。

 

ついでにその査定額は一般よりもかなり低くなっているので、利用者が損をすることも多いのです。

 

安く車を手放してしまったことになる場合もあります。よく気をつけておきましょう。