車を担保にお金を借りるのは可能?キャッシングどうしてもしたい

車を担保にお金を借りるのは可能?キャッシングどうしてもしたい

 

車を担保にお金を借りることができたら、車を持っていてお金を借りたい人にとってはありがたいでしょう。

 

そんなローンがあればいいと思う人に嬉しいのが、自動車を担保にしてお金を借りるローンです。

 

これは大きく分けて2種類があります。

 

ひとつは知名度がとても高い自動車ローン、もうひとつはあまり耳慣れない車担保ローンというものです。

 

自動車ローンというと意外かもしれませんが、

 

実は自動車ローンはローンを完済するまではいつでも担保として銀行などが持っていく可能性があるのです。

 

これは名義などの件で知っている人は知っている事でしょう。購入する車を担保にしてローンを組むことができるのです。

 

この自動車ローンは基本的に車に関する用途、特に新車や中古車など、

 

新しく車を購入するために必要な資金を借りるということですから、基本的にそこまで難しいことはありません。

 

また、車のためのアクセサリーを購入する、駐車場の整備や運転免許取得などのために借りられることもあります。

 

ただ、それ以外の用途となると、利用するのは難しいでしょう。

 

用途は制限されているものの、使っている人も多いため気軽に利用しやすく、ローンの金利もそこまで高くないのが嬉しいところです。

 

また、完済するまで無理に借りることも少なくなり、非常に使いやすいローンと言えるでしょう。

 

一方、車を担保にお金を借り、用途が自由というのが車担保ローンです。

 

様々な名称があり、中には車金融やカーなんとかローンというような名称になることが多いのですが、大体は似たような制度を持っています。

 

制度はそれぞれの業者ごとに違います。

 

まず、お金を借りたい人はその業者の元へ行きます。業者は車を買い取り、名義変更をして車の名義を業者のものにします。

 

次にその買取金額をまずはお金を借りたい人に支払い、お金を借りたい人はその金額を受け取ります。最後に、そこでローンを組みます。

 

これは業者とお金を借りたい利用者の間で行われ、利用者はそのローンを返済していく形で返済を行っていくのです。

 

業者によっては、車を買い取ってその買取代金を支払い、

 

その後に車をリース契約にし、毎月のリース契約料として利用者が代金を支払っていくというやり方もあります。

 

どちらも車に乗りながらお金を借りることができます。担保になるのは車そのものですから、あまり大きな負担にもなりません。

 

また、上の2つのやり方なら車を手放すこともなく、乗り続けることが可能です。

 

中には車を預かる業者もあります。

 

このメリットは、何よりも手軽にお金を借りられること、

 

どこからもお金が借りられないような人でも借りられる可能性があることなどが大きなポイントでしょう。

 

車はすでに手元にあるので、担保にしても構いません。

 

もし返済ができなくなったら担保として車を持って行かれますが、車を手放さず返済をしていく方法もあります。

 

また、どこからもお金が借りられなくても、この方法なら車を担保にしてお金を借りることができます。業者も損をしませんよね。

 

ただしデメリットもあり、このような業者は他の様々な貸金業者と比べて金利や手数料などの支払いが高いことがあります。

 

車金融に関しては利息制限法の範囲外であることも多く、高い利息や手数料をとっても法律に触れることはないのです。

 

また、滞納したら車を持っていかれるというのもデメリットでしょう。滞納した場合、とにかく車が担保になっているので手放さなくてはなりません。

 

法律上もクリアしているのですから、向こうのほうが立場が上なのです。

 

ついでにその査定額は一般よりもかなり低くなっているので、利用者が損をすることも多いのです。

 

安く車を手放してしまったことになる場合もあります。よく気をつけておきましょう。

 

車を担保にお金借りれる?即日融資希望で在籍確認が不安

 

お金を借りる一つの手段として、車を担保にお金を借りることはできないかと思う人もいるでしょう。そもそも車を担保にお金を借りるとはどういうことかというと、賃金業者に車を査定してもらったうえで、その金額を上限としてお金を貸してもらうという方法です。この方法には主に二つの方法があり、一つ目が査定額を借りて名義変更をすることなく返済を続ける方法で、もう一つがいったん賃金業者に名義変更して、車は賃金業者から貸し出されるという形でお金を借りる方法です。

 

どちらにしても車に乗り続けるということには変わりはありません。名義変更することなく乗り続けるケースの場合には、返済が難しくなった場合には車を差し押さえられるだけですむでしょう。しかし名義変更してからお金を借りた場合には、リースしている形となるため、そのリース料は高額となるケースがほとんどです。

 

リース料は利息制限法に含まれることはないので、法外なリース料に設定している業者も見られます。リース料はもちろんのこと、借りたお金の元金の返済と利息の返済を続けることになるでしょう。どちらを選んだとしても査定料や手数料などの実際の融資額以外のお金を請求されることになります。

 

車の査定を受けて40万円の金額が出て40万円の融資を受けたけれども、実際には査定料や手数料などを上乗せした50万円を返済しなくてはならないというケースがほとんどです。

 

車を担保にしてお金を借りるメリットとしては、困った時の最終手段といえるでしょう。また多くの場合即日融資が可能で、在籍確認にも必要ないということは大きなメリットといえます。車を担保にお金を借りたいと思う人のほとんどは、消費者金融や銀行など、どこからもお金を借りることができない状態に陥っている人ばかりです。その中でも特に自営業をやっている人が運転資金に困って利用するケースが多く見られます。このような人にとっては、たとえ合法すれすれの業者であったとしても、わずかな望みのひとつといえるでしょう。

 

しかしどうしても車を担保にお金を借りたいというのであれば、そのデメリットについてもよく頭に入れたうえで利用するかどうかを検討する必要があります。

 

デメリットとしては、まず最初に金利や手数料、リース料などの融資額以上の金額を返済しなければならないことと言えるでしょう。金利がかかるということはどのようなカードローンやキャッシングを利用したとしても変わりませんが、車を担保にお金を借りるというケースは全く異なります。査定にかかる手数料や、車に乗り続けるためのリース料などの法律の範囲外のお金がかかることになります。法律に守られているわけでもないので、最終的にはとんでもない額の高金利のローンを背負うことになるでしょう。

 

そして当然のことながらリース料金が払えなくなってしまったり返済が滞ることになれば、車は取り上げられることになります。それだけならまだしも、車をとられながら手数料や金利などの返済は続けなければならないという悲惨なケースも見られます。

 

そして何よりも車の査定金額がかなり低くなってしまうということもデメリットとなるでしょう。これまでに車を売却したりディーラーなどで下取りに出したことがある人であればわかるかと思いますが、中古車の買取価格は自分たちが思ってもみないほど低いものです。どんなに高級車であったえも、5年ものると半額以下の買取額になります。しかし車を担保にお金を借りようと思った場合には、通常の買取額よりもさらに低い査定額がつけられることになります。

 

査定額を聞いてあまりにも低いため融資を断ろうとした場合には、高額な査定料を請求されることもあります。このように車を担保でお金を借りるということはかなりの危険がつきまとうことになるため、それでも借りたいという場合には、数ある業者の中から本当に信頼できそうな優良業者を選ぶ必要があります。どんなに間違っても街中の電柱に広告が貼ってあるような業者には手を出すことは避けましょう。

 

車を担保にするということはこのようにたくさんのデメリットがあることがわかりますが、これらのデメリットも承知の上でお金を借りたいという場合には、きちんとした業者を探すことが求められます。賃金業者には登録番号を開示しておくことが義務付けられているため、まずは登録番号を確認するようにしましょう。

 

店舗やホームページなどに記載されているため、利用する前にまずはこれを確認します。金融庁のホームページでも調べることが可能であり、ここに登録されていれば少しは安心ですが、ここに登録されていなければかなり危険な業者といえます。また業者を選ぶことができたとしても、リースする形でお金を借りることはやめましょう。名義をかえることなく業者に預けるタイプが一番安心です。リースした車に乗っている最中に事故で傷つけてしまったり、故障させてしまった場合には、さらなる修理金額を支払う必要も出てきます。