新生銀行レイクに無利息ローンある?勤務先連絡されずにキャッシングしたいんですが可能でしょうか?

新生銀行カードローン レイク

 

レイクはテレビCMや電車のつり革広告でよく見かけます。

 

キャッシング審査の際、レイクのオペレーターの評判もとても良いので、初めてキャッシング利用する方におすすめです。

 

最近ではレイクのスマホ完結プログラムも大変に人気です。

 

融資額 :1万円から500万円
貸付利率:4.5%から18.0%(実質年率)
返済方式:残高スライドリボルビングまたは元利定額リボルビング

 

新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込を停止いたします。
この情報は3月13日時点のものを記載しております。

 

新生銀行レイクに無利息ローンある?勤務先連絡されずにキャッシングしたいんですが可能でしょうか?

 

新生銀行レイクでは、原則として在籍確認は必ずあります。

 

一部のサイトでは、給料明細や社会保険の健康保険証を提出すれば、在籍確認が無いと解説をしているところもあります。

 

しかし、インターネットに出ている口コミは完全に鵜呑みにしてはいけません。

 

個人が運営しているブログやサイトもたくさんありますので、信頼できる情報を得るようにしましょう。基本的には、公式サイトに書かれている情報が一番信用できます。

 

 

新生銀行レイクは銀行カードローンですので、在籍確認はしっかりと行われます。

 

どうしても在籍確認をしてほしくないといった事情がある人は、相談をしてみると良いでしょう。

 

例えば、アルバイトがたくさん働いていて、事務担当者に自分の名前を覚えられていないというケースでは、在籍確認が通らないこともあります。

 

そのようなケースでは、給料明細や社会保険の健康保険証を提出することで在籍確認を免除してもらえる可能性もゼロではないかもしれません。

 

しかし、銀行カードローンの場合には断られる可能性のほうが高いでしょう。

 

大手の消費者金融などでは、給料明細や社会保険の健康保険証があれば在籍確認を免除してもらえるという業者もあるので、

 

インターネットの口コミなどを参考にして、そういった業者を探してみましょう。

 

新生銀行レイクでは、「30日間無利息」と「180日間5万円まで無利息」の2つのサービスから好きなほうを選べるという、無利息ローンが用意されています。

 

どちらか片方しか選べないので、シミュレーションをしてみてメリットがあるほうを選びましょう。

 

30万円以上を借りる場合なら、「30日間無利息」を選ぶことに迷いはないでしょう。

 

しかし、15万円くらいを借りる場合には、どういった返済の仕方をするかによって、メリットがあるほうが変わってきます。

 

例えば、2ヶ月で15万円を完済してしまうなら、「30日間無利息」のほうがお得になります。

 

毎月2万円ずつ返済していく場合には、「180日間5万円まで無利息」のほうがメリットがあります。

 

新生銀行レイクでは、即日入金をしてもらうことは不可能です。

 

無人契約機は土日も営業しているので、土日でもすぐにカードを手に入れることが可能です。

 

カードは自宅に郵送をしてもらったほうが手間がかかりませんが、どうしてもすぐにお金が必要である場合には、無人契約機までカードを取りに行くことも検討してみましょう。

 

 

新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込を停止いたします。
この情報は3月13日時点のものを記載しております。

 

 

新生銀行レイクは新規申し込み停止?新サービスレイクALSAは即日融資可能?

 

本社ビルの中でもテレビコマーシャルを実施している会社の一つとして、新生銀行レイクがあります。この会社は、新生銀行が行っている会社のためほかの金融機関に比べると資金源が豊富なことで知られています。そのため、倒産する危険がなく安全性の高い消費者金融といえるでしょう。ちなみに、新生銀行レイクは消費者金融ではなく銀行としての位置付けになります。

 

レイクはキャッシングを行っており比較的簡単にお金を借りることができるのが特徴です。ただ、新生銀行レイクの申し込みは新規申し込みの受け付けを2018年四月から停止している状態になります。なぜかといえば、これは会社が倒産するわけではなく新たな事業を始めるからです。そのため、いったん停止するような形になっています。

 

新生銀行は、その子会社にあたる新生フィナンシャルに事業を移すことになりました。これにより、若年層向けに新たな消費者金融事業を始めることになるわけです。表向きには若者向けの業者を作り直すとしていますが、それならわざわざ現在の仕組みを少しいじるだけでも問題ないはずです。わざわざこのように、会社をたたんで新しい会社に移行するのは、生き残りのための処置と考えた方がよいでしょう。

 

現在のところ、近郊では様々な問題が起こっておりカードローンによるお金の貸し過ぎのために返済できなくなる人が増えてきています。返済できなくなる理由は、消費者金融のように総量規制が存在しないからといえるでしょう。もともと消費者金融の方はかつて問題視されていましたがこれは総量規制がなかったためといえます。総量規制がなかったころには、業者によってそのさじ加減によりお金を貸し借りしていましたが、年収に対してたくさんのお金を貸してしまうため返済できなくなる人が多かったわけです。

 

返済できなくなると消費者金融側もそのするだけでなく、へたをすればお金を借りた人は人生を棒にする可能性が出てきます。例えば自己破産をしてしまった場合には、立ち直ることができるもののしばらくは日の当たらない坂道を歩くことになるでしょう。自暴自棄になってしまい、そのまま道を踏み外す人もいるかもしれません。さすがにそこまで行かなくても、何とか自己破産の道は閉ざしておきたいものです。そのような理由から総量規制ができたわけですが現在のところ銀行に総量規制は適用されていません。これにより、かつての消費者金融で起こっているようなことが起りはじめました。

 

 

そもそも、なぜ今まで均衡がキャッシングやカードローンに力を入れていなかったのに突然入れ始めたかといえばそれなりのしっかりとした理由があります。日本は2010年ごろから、ゼロ金利政策とよばれるものも日銀が発表していますゼロ金利政策とは、例えば住宅ローンなどでお金を借りる場合銀行側高い金利を設定することが出来ず低い金利しか設定できなくなりました。このようにすることで、住宅ローンを組みやすくしたわけです。住宅ローンが組みやすければ、それほど収入が高くない人でも住宅を購入することができなくとも不動産業界においてはカネ回りが良くなります。

 

 

ですが、これは消費者や不動産業者から見た話しであって、ゼロ金利政策をとらざる得なかった銀行側としてはデメリットしかありません。利用してくれる人が多いのはいいですが、金利がそもそも低いため設けになるわけです。そこで銀行が考え出したのは、ゼロ金利政策とは関係ないカードローンの方で金利をとることです。

 

カードローンはそれなりに需要があり、あるデータによれば大人の中で1割ほどがカードローンがあるといわれています。日本には8000万人ほどの大人がいますが、そのうちの1割とされる800万人ほどの人がカードローンに関与しているかすてに関与したことがある人たちです。もちろんこれからカードローンをする人も含めて、それなりの大きな池がありたくさんの魚がいるような感じです。

 

そこで、銀行はじり貧を避けるためにキャッシングを行うようになりました。もちろん今までキャッシングを行っていましたが、それよりも内容を充実させすでにキャッシング業界の中で中心となっている消費者金融に負けないような対応していたわけです。古くから銀行知っている人は、銀行の金貸しは消費者金融などに比べると厳しいと考えている傾向がありますが、実際には消費者金融の審査条件と変わらないような条件になっています。銀行のイメージのまま審査が厳しければ、そもそも銀行からお金を借りる人はいなくなってしまうでしょう。

 

このような流れの中で、新生銀行レイクは経営を続けてきましたが、現在銀行のカードローンは国会などで取り上げられており問題になっていることから、新しいサービスを提供するに至ったと判断してよいかもしれません。

 

新しいサービスとされている新サービスレイクALSAは、即日融資可能とされています。そのため、安心してその日のうちに借り入れすることができますがもちろんその日のうちにお金を借りたい場合には可能なかぎり午前中に申し込んでおく必要があるでしょう。