バンクイックは無利息ローン?今日中にお金借りたいが職場にばれたくない

 

バンクイックは、三菱UFJ銀行のカードローンでお金を借りる融資可能です。

 

スマホでもパソコンでもアイパッドでも気軽に審査申し込み可能で、

 

正社員を中心に人気のキャッシングです。

 

WEB申込みなら来店不要でお金を借りたい方におすすめです。

 

バンクイックカードローンの魅力
・金利 年1.8−14.6%
・最高500万円融資
・三菱UFJ銀行の口座不要で融資可能。

 

・限度額50万円超から収入証明書が必要

 

バンクイックは、三菱UFJ銀行ならではの低金利が最大のメリットです。

 

また、大手メガバンク、銀行のカードローンという安心感があります。

 

キャッシングで初めてお金をかりるなら、まずバンクイックから審査に申し込む事をおすすめします。

 

銀行は融資の審査結果が出るのが遅いイメージがありますが、三菱UFJ銀行のバンクイックであれば

 

審査申し込みごスピーディーにお金を借りることも可能です。

 

 

バンクイックは無利息ローン?今日中にお金借りたいが職場にばれたくない

 

バンクイックはメガバンクである三菱東京UFJ銀行のカードローンです。2016年の夏頃に金利が見直されて、現在は年利1.8%〜14.6%という業界最低水準の金利となっています。

 

限度額が500万円の時には、年利が1.8%となりますので、このカードローンを持っていれば、自動車ローンなどの目的別ローンが必要なくなるかもしれません。

 

バンクイックはメガバンクのカードローンなので社会的な信用も高いですが、無利息ローンではありません。

 

「30日間無利息」といったサービスは付いていませんので、例えば30万円を借りて、30日以内に全額を返済してしまうといったケースでは、無利息期間が付いているカードローンのほうが利息は節約できるでしょう。

 

バンクイックがおすすめなのは、それなりに大きな金額を借りたい人、長期で返済をしていきたい人などです。バンクイックは大手の消費者金融ほどではありませんが、スピード融資も魅力的です。最短で30分ほどで審査の結果が出て、可決の場合には即日入金をしてもらえます。

 

また、三菱東京UFJ銀行の店舗に置かれている「テレビ窓口」を利用すれば、カードをその場で受け取ることも可能です。

 

バンクイックでは職場への在籍確認は必ずありますが、基本的には職場にばれることはありません。職場への電話では、「三菱東京UFJ銀行の田中と申しますが、山田太郎さんはいらっしゃいますか?」というように電話がかけられます。

 

銀行名は名乗られてしまいますが、カードローンの審査であることまでは伝えられません。最低限の確認だけをして、電話が切られるので、ばれる心配はありません。また、三菱東京UFJ銀行は社会的な信用がある金融機関であり、カードローンの他にもさまざまな商品が存在しますので、職場の人にマイナスイメージを持たれてしまう心配はほとんどないでしょう。

 

カードローンなので、ATMを利用して借入や返済を行うという人は多いです。バンクイックの大きなメリットとして、ATMの手数料が無料ということがあげられます。

 

三菱東京UFJ銀行のATMだけでなく、コンビニATMの利用手数料まで無料となっています。1000円単位で借入ができるので、必要な時に、必要な金額だけを借りることができます。飲み会で急にお金が必要になったので、コンビニATMで手数料無料で3000円だけを借りるといった使い方ができます。

 

三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、普通預金口座を持っていない人でも利用ができます。そのため、ATMから返済をしていきたいという人も多いです。コンビニのATMから返済をする場合でも手数料が無料となっているので、毎月の返済日だけでなく、お金に余裕ができた時に気軽に手数料無料で随時返済を行えるというのはうれしいサービスです。

 

三菱東京UFJ銀行で普通預金口座を持っている人はもちろん、口座を持っていない人にもおすすめできるカードローンです。

 

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは在籍確認あり?お金借りたいけど審査厳しそう

日本の財閥の中に三菱がありますが、現在でも三菱は様々なジャンルで活躍している企業と言えます。

 

その中の一つが、三菱UFJ銀行で最近はカードローンバンクイックを行っているのが特徴になります。このキャッシングは様々な特徴がありますが、大手銀行としてやはり金利が安いことが一番の魅力です。金利は1.8パーセントから14.6パーセントとなっており、ほかの業者に比べると非常に安くなっているのが特徴になります。

 

ただし、1.8パーセントに関しては限度額まで借りないと適用されることはまずありません。そのため、100万円未満のお金を借りる場合には間違いなく14.6パーセントが適用されると考えておきましょう。つまり、借入する金額によって、その金利が大きく変わってくる仕組みになります。では利用限度額はどのようになっているかといえば最低で10万円となっており最高が500万円になっています。上限に関しては、ほかの金融機関に比べると決して高いとは言えませんが金利の低さから考えるとかなり使い勝手の良いといえるでしょう。

 

申し込みをする場合には、店頭に行くこともできますがATMを利用して無料で行うことも可能になります。全国50000台以上あるATMの中から利用することができ、コンビニのATMを使うことができるため自宅から一番近いところで利用すれば非常に安心できます。それだけではなく、時間の無駄遣いものないため現代人にとってはふさわしい借り入れ方法といえるでしょう。
三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの魅力のもう一つは、返済サポートシステムがあることです。

 

具体的には、毎月の返済額は1000円からとなっており、もし余裕があるときは追加の返済も可能になります。例えば臨時ボーナスが出た場合には、その分だけ追加してお金を返済することができるため予定よりも早く返済が可能です。もう一つは、返済期日を選ぶことができる点はほかの金融機関にはなかなかないメリットと言えます。返済は35日ごとに行うこともできますので、十分な余裕を持って返済が可能です。毎月1日の返済期日を設定することができ、自動引き落としも可能になります。

 

このように、ほかの金融機関にはない様々な特徴があることから、なかなかどこの金融機関から借りたらよいのかわからない場合には積極的に三菱UFJ銀行カードローンバンクイックを利用するのがよいかもしれません。

 

返済サポートとしては、Eメールサービスと呼ばれるものがあります。このEメールサービスとは、返済期日が近づいたらメールをしてくれるサービスです。またそれ以外にも各種サービスの案内などを利用することができるため、お得な情報をだれよりも先に手に入れることが可能です。

 

このように、豊富なサービスがあるとその半面審査が厳しのではないかと構えてしまう人も少なくないでしょう。確かに審査はそれほど重くありませんが決して厳しようなこともなく、収入はそれほど高くなくてもお金を借りることは可能です。審査の流れを説明すると、まず申し込み行いそこでさまざまの個人情報を記入してきます。年収を書くときにもごまかさずに書く必要があるでしょう。また、職場も書きますので、自分の職場にばれた古代場合でもしっかりと記入しなければなりません。

 

それ以外には携帯電話番号や保険の種類ほかの金融機関からの借入金額などを記入していきます。ちなみにほかの金融機関から借り入れしている場合でも、借り入れすることができますが、あまりにもたくさん申し込みをしている場合には融資ができない可能性がありますので注意をしなければならないところです。

 

ちなみに記入するべき項目は全部で28項目ありますので5分以上かかると考えて間違いありません。そのため、昼休みの忙しい時などに行く場合には、時間を気にしなければならないことは今でもないでしょう。

 

気になる在籍確認ですが、基本的に電話で行われますので職場をには三菱UFJ銀行から電話がかかってきます。このとき銀行名を名乗ることもあるかもしれませんが、だからといって「今からこのかたがお金を借りますが実際にいらっしゃいますか」などと質問してくるわけではありません。たいていの場合は、「吉村さんはいらっしゃいますか」「田中さんはご在籍ですか」などと質問するだけですので、どのような目的で電話をしたかまではのめません。もし、会社に怪しまれなたくない場合には、近い日に銀行から電話がかかってくると総務の人に述べておけば問題ないといえるでしょう。

 

銀行の営業時間以内にお金を借りることも可能になりますが、この場合には少し審査に時間がかかってしまうことがあります。

 

例えば、銀行は15:00に閉まってしまいますので16時ごろに申し込みをしても確実に翌日以降の審査結果になります。即日お金を借りたい場合には、少なくとも銀行が開いている時間の午前中に申し込みをする必要があります。あるいは、前日の段階で申し込みをしておき、あらかじめ審査をしてもらう方法がありますので早めに手を打っておくことが大事です。